真山勇一 最新情報


新しい年は立憲、市民と共に ー私の決意ー


新年おめでとうございます。

2019年はどんな年になるのでしょうか。

 

私は去年の12月25日、クリスマスの日に立憲民主党に入党、今年から立憲民主党の議員として活動を開始します。

 

昨年5月、民進党が国民民主党に変わった時に離党、無所属となりました。国会内では政治理念の近い院内会派、立憲民主党・民友会に身を置きましたが、入党はしませんでした。いまの「一強」与党と対決していくためには野党が分裂しているではなく、野党全体で大きな塊になることを目指すべきとの考えから、野党同士が連携することを念頭においてきたからです。しかし昨年、今年と、安倍政権の下、与党によるルール無視の横暴な議会運営は益々ひどくなり、「多弱」となった野党は蹴散らされ続けているのに、野党同士はまとまるどころか逆に政策や国会対応の違いが表面化、鮮明化し、むしろ対立が深まりました。

 

「やはり党と党が一緒になる方法で野党が強くなるのは難しい。それより野党の中に核となる党を作り、それを大きくしていかなくては」。私は、立憲民主党に入党し、この党を核として野党を強くすべきと痛感したのです。党と党の連携には限界があります。政党間の合流はさらに難しいものがあります。私はこれまで小さな党同士が合流して大きな党をつくる難しさを経験してきました。政治理念や政策が違うのに一緒になっても再び分裂することになってしまいます。また理念や政策の違いをおいといて、ひとつになるのは野合ではないかとも思うのです。党内で考え方の細かな違いがあっても良いですが、少なくとも根本的な理念や重要政策については意見が一致していないと、政党としての体をなしません。

 

私は選挙で約束した「原発ゼロ」「平和主義を破壊する憲法改正反対」を貫き、「消費再増税」、「選挙めあてのバラマキ」、そして、「辺野古埋め立て」に反対していきます。また政治はこれからの日本のことを考えることが何より大事です。超少子化、超高齢化が進む私達の社会をどう持続可能なものにしていくか、一層進むグローバル化の世界の中で日本の立ち位置をどう構築していくか、次の世代のための未来図を描いていかなければと思います。

   

私は特定の組織や団体からの支援を受けていません。いわゆる既得権益の擁護や利益誘導のための政治は行いません。私が支援をいただいているのは市民の皆さんです。だからこそ、これからも市民の皆さんの声を、そして現場の声をしっかりと聴き、皆さんと共に闘っていきます。

 

 


ブルーオーシャン 勉強会 第7回

年の瀬が迫ってきました。
忙しさの増す前に、新春の おもいッきり勉強会のお知らせを。
ゲストは 田中秀征さん。

2019年は元号が変わり、選挙イヤーでもあり大激動の予感がします。どんな年になるのか、冷静な視点と分析で新しい時代の読み方をお話していただきます。
ぜひご予定に!

メモ: * は入力必須項目です



最新・委員会動画

参議院 本会議 真山勇一 2018年12月7日

参議院本会議での討論演説です。この日、「欠陥法案」の入管法改正案が、参議院の法務委員会で採決されようとしていました。法案の問題点は明らかだったですが、さらに問題なのは横山信一委員長が会期の冒頭から野党側と協議する姿勢を全く見せず、「職権」でほとんど全ての審議を強行開催したことです。連綿と続く国会の慣行、先例、合意を無視したこのやり方は、憲政史上に例を見ない委員会運営であったため、解任動議が提出されました。真山勇一はこの動議に対して、賛成討論を行いました。こんな恐ろしい国会運営がまかり通るなら、将来に禍根を残します。絶対に先例としてはなりません。参議院本会議での討論演説です。この日、「欠陥法案」の入管法改正案が、参議院の法務委員会で採決されようとしていました。法案の問題点は明らかだったですが、さらに問題なのは横山信一委員長が会期の冒頭から野党側と協議する姿勢を全く見せず、「職権」でほとんど全ての審議を強行開催したことです。連綿と続く国会の慣行、先例、合意を無視したこのやり方は、憲政史上に例を見ない委員会運営であったため、解任動議が提出されました。真山勇一はこの動議に対して、賛成討論を行いました。こんな恐ろしい国会運営がまかり通るなら、将来に禍根を残します。絶対に先例としてはなりません。

 


この日の参議院経済産業委員会は世耕経産大臣の所信的挨拶に対する質疑。ただでさえ短い会期のなか、その大半を大臣が外遊したため、会期末間際になって初めて質疑が行われるという異例の臨時国会となりました。この直前、2025年の大阪万博が決定しましたので、招致活動を主導した世耕大臣に万博開催の総費用の見通しや、大阪の夢洲IR(カジノ)との関係などを質問しました。また、法務委員会等で審議されるたびに、次から次へと入管法改正案や先行する技能実習制度の問題点が明らかになっています。経産省所管の業界でも外国人労働者への人権侵害にあたる問題が多発していますので、その実態について質問しました。


真山勇一とブルーオーシャン

おもいッきり勉強会 第6回


◆第1部は真山勇一の国政報告と、科学ジャーナリスト・倉沢治雄氏の講演です。国政報告では「異常事態」となっている臨時国会の現状をお話しました。入管法改正案、水道法改正案など、国のかたちを根本から変える法律を審議する臨時国会なのに、安倍総理や主要閣僚は長期間、外遊で留守に・・・。また、内閣府の調査に対して横浜市はカジノ誘致を「検討中」と答えたそうです。一体、何が起きているのでしょうか。

それから、倉沢氏は元・日本テレビ解説主幹。つまり、真山勇一の後輩です。第一線のジャーナリストとして現場取材を続けてきた経験から、戦慄すべき原発問題の現状を解説してもらいました。実は私たちの住む神奈川県は隠れた「原発銀座」なのだそうです。では、「万一」の時に一体、何が起きるのか・・・。全県民、全国民が必見の内容です。

◆第2部はおしどりマコさん、ケンさんの講演です。福島第一原発の事故からずっと東電を追い続けたお二人は、東電の担当者よりもこの問題に精通しているとか、いないとか・・・。事故処理の現状はどうか、帰還住民が直面する驚くべき実態など、衝撃の事実の数々を、誰よりもわかり易く語っていただきました。立憲民主党は2019年の参議院選挙におしどりマコさんを擁立する予定ですが、その理由はこれをご覧いただくだけでおわかりいただけるでしょう。

◆第3部は質疑応答です。お笑い芸人としての活動と原発問題の追及は両立するのか。帰還区域に関する国会での議論の状況。セシウム・ボールとは何か、カリウムとセシウムの違いとは何か。原発事故の自然への影響、健康への影響、食品への影響の実態はどうか。原子力空母の安全性はどうか等、皆にとって興味津々の質問にたっぷりとお答えしています。