選挙区公認申請の辞退について

皆さんに大切なご報告があります。

私、真山勇一は選挙区公認申請を辞退したこととその理由について2月28日、神奈川県庁記者クラブで会見し説明させていただきました。

今回辞退した理由は直前の健康チェックで判明した前立腺癌の治療を行うためです。治療を先延ばしし、あるいは治療しながら選挙戦を闘うことは避けたいと考え、治療を終え体調を整えたところで政治活動に戻ることを決めました。

治療は2月から始めており、3月末には終わる予定です。入院の必要はなく、毎日通院して局部的な放射線治療とホルモン注射(こちらは月1回)を受けており、今のところ順調で私自身も副作用などなく元気で仕事を続けています。

応援くださっている多くの皆さんが気にかけていただいたことにお礼を申し上げると共に報告が遅れたことをお詫び致します。

癌はいまや隠すよりも事実を知っていただき、同じ癌治療を続けていらっしゃる方達と励ましあいながらやっていきたいと思っています。

会見の模様をアップしました。少々長め(約45分)ですが、どうぞご覧になってくださるようお願い致します。

(撮影位置の関係で映像が見にくいかもしれませんが、お許しください。。

今後も元気に活動を続けます。

どうぞよろしく。